組合の取り組み

いま、私たちを取り巻く厳しい時代を生き抜くために、より効率的なシステム構築が必要とされます。業種の異なる、中小企業が力を合わせ、企業の発展を目指すために流通産業協同組合は設立されました。

当組合は、加盟する組合企業の発展、働く従業員の福利厚生の提案により国際的な事業を推進し、組合員の自主的な活動を支援しながら、経済的な地位の向上をはかることを目的とします。

主な事業としては、外国人実習生受け入れ事業を行っています。 国から外国人実習生制度の第一次受け入れ機関として認可を受け、中国、ベトナムや、インドネシア、タイ等から実習生を受け入れています。

平成21年7月15日の制度改正(平成22年7月施行)に伴い、入国初年度から実習生は受け入れ企業との雇用契約により技能等の修得が可能になり、外国人実習生受け入れ制度をより効率的・効果的にご利用頂けるようになりました。

当組合は、外国人実習生の受け入れ事業をはじめ、ETC・共同購買・共済及び異業種交流事業等について、組合企業の方のご支援・ご協力を頂きながら積極的に取り組んで行きます。

Copyright© 2010 流通産業協同組合 All Rights Reserved.